電気脱毛とレーザー脱毛|どちらを選ぶべきか!?

denki.jpg最近では脱毛を行う人も増えていますが、電気脱毛とレーザー脱毛どちらを選んだら良いのでしょうか。実際に、迷っている人も多いと思いますが、今回は電気脱毛とレーザーについて紹介するので参考にしてみてくださいね!

◆電気脱毛◆

・方法=クリニックで行われている電気脱毛は、絶縁針を毛穴に挿入して電気を流して、直接毛の発生する源を破壊する方法となっています。やけどの心配もなく、ハリは20種類前後となっていて、個人専用針で施術を行っていきます。

・費用=毛量に個人差がありますので、時間制となっていることが多く、両脇の場合には、脱毛が完了するまでにかかる費用は、毛が少ない人の場合には、10万円程度となっています。多い人はプラス5万円程度で15万円前後が目安となっています。

・時間=両わきの場合には、平均的に1回の施術が1時間~1時間半程度となっています。

・回数=2ヶ月に1回くらいが効率よく脱毛できるサイクルとなっています両わきなら平均的な毛の量の人で5回~6回程度で期間は1年から1年半程度かかると言われています。

・痛み=ハリを毛穴に挿入する時よりも、電流を流す際に痛みを感じるようです。電気を流す時間は0.5秒~1秒程度となっています。アイスパックで冷しながら行って行く冷却法や痛みに弱い人には麻酔法などを使って脱毛していくことが出来ます。

・メリット=1本1本確実に脱毛していくことが出来ます。色素沈着している場所や日焼けをしている場合でも脱毛可能です。

・注意点=脱毛後、毛穴が赤くなってしまったり、腫れてしまう場合がありますが、クリニックで受けるので、医師の診察を手軽に受けることができて、処置を行ってくれます。

◆レーザー脱毛◆

・方法=特定の色や物質に反応するレーザーの特徴を生かして脱毛を行っていきます。黒い毛に反応するレーザーを照射して、毛に大量の熱を与えて、その寝るで直接的に毛の発生する源を破壊していく方法となっています。

・費用=クリニックにより違ってきますが、両脇1回に1万円程度からの価格なら良心的と言えます。

・時間=1回の照射で直径1㎝くらいの脱毛を行うことができるので、両脇の場合でも1回に10程度が目安となっています。

・回数=3ヶ月~6ヶ月に1回くらいが効率よく脱毛ができるサイクルとなっています。両わきの場合には、5回~6回程度で期間は1年~1年半程度となっています。完了までにかかる年数は脱毛サイクルにより違ってくるので、電気脱毛と同じくらいとなっています。

・痛み=照射場所によって痛みを感じることがあります。毛の濃い部分はレーザーの反応が良いので、痛みを感じやすいと言われています。その場合には、冷却スプレーや冷却ジェルなどを塗って脱毛を行うこともあります。

・メリット=脱毛する時間が短く、広い範囲を短時間で脱毛することができて、毛を伸ばさなくても脱毛することが可能です。

・注意点=日焼けや色素沈着のある人は脱毛できない場合があり、産毛や細い毛なども一般的には向いていないと言われています。更に脱毛後1週間程度は日焼けをしないように注意する必要があります。

自分なりに様々な情報の中から向いているものを選ぶようにしましょう。迷っている人も多いと思いますが、通いやすい場所を選ぶことも大切です。

このブログ記事について

このページは、skinknowledgeが2016年7月14日 10:57に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「自宅で行うことができるピーリング石鹸を紹介します!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。