これからは4Dストーク眉の時代!目ヂカラの足りないあなたにオススメ。

男性も女性も今の時代は、4Dストーク眉の時代となっていて、目ヂカラのない人に特にお勧めできます。目元で第一印象が決まるともいわれている時代なので、目の悩みを抱えている人も多いと思います。

4Dストークとは、眉は立体的で本物のように1本1本描く事と、アイラインは自然で印象的な目元を、リップは顔色にあわせて若々しく美しい口元、ヘアは描く薄毛治療メディカルSMPです。

実際にメイクの悩みを抱えている人も多いと思います。特に化粧なしでは、外出する事が出来ない、忙しい朝の時間を短縮したい、事務やスポーツなどで化粧が落ちてしまう、日々のメイクの手間を省きたい、眉が薄くなってきた、アートメイクには興味はあるけど、踏み出す事が出来ない、素顔に自信がもてない、男性だけどアートメイクに興味を持っているなどという事があります。

メディカルアートメイクで解決する事が出来ます。眉は、最新技術4Dストローク眉で、より自然な眉を目指す事が出来ます。専門的に開発された手掘りペンを使って眉毛を1本1本手で描くことにより、本物のように見せつ技術で、ノーメイクでも気にすることなく、外出する事が可能となります。

アイラインは痛みが少なく自然で印象的な目元を目指す事が出来て、自然だけど印象的にしたい、くっきりとしたラインにしたい、可愛くみせたいなど個人の要望に合わせてアートメイクする事が可能となっています。

リップは顔色に合わせて若々しい口元を目指す事が出来て、身体にも安全な自然色素を使用して、一人ひとりの顔色や肌質に合わせてカラーを調節していきます。食事などのときも口紅が取れる事もなく、いつも健康的で若々しい印象を与える事が可能です。

最近では、男性の間でアートメイクを受ける人が増えています。アートメイクでは様々な不安や疑問を持っている人も多いともいます。しかし、1歩踏み出すことにより、自分に自信を持つことが出来る自分へ変身する事が出来ます。

施術の流れですが、カウンセリングを行っていきます。様々な疑問や不安を取り除いてアートメイクを行う為に、カウンセリングシートに必要事項を記入して十分な説明を行っていきます。

診察を行っていきますが、きちんと医師が念入りに診察して、施術箇所に疾患等などがないかを調べて施術へと進んでいきます。その後デザインを決めますが、顔の輪郭や骨格を見て、その方に合わせたデザインを行っていきます。

細かく修正を行いながら、満足できるまで繰り返しデザインを決めていきます。流行りなどに流されることなく、長時間、満足できるデザインになるような提案などもきちんと行ってくれます。

麻酔を行います。施術部分は、麻酔クリームを塗ってから施術を行っていきますが、痛みに弱い方でも安心できます。施術を行っていきますが、使用する器具はきちんと消毒されていて、直接お客さんの皮膚に触れるものに関しては、新品で使い捨てのものを使います。

アフターカウンセリングを行います。帰宅してからの注意事項などをきちんと説明してくれて、その後の施術は21日以上期間を空けて行っていきますので、予約もその際に相談しながら決める事が出来ます。

アートメイクを行う事により悩みを改善に導く事が出来て、施術の際に費用が掛かりますが、長い目で見るとメイクをする手間も、用品なども必要ないという事もあり、男性の間でも女性の間でも人気となっています。

全てのパーツをするわけでなく、自分が気になっている場所を一度試すことにより、それから先に行うかどうか決める事もできると思います。技術の進化により、何でも手軽に行う事が出来るような時代となってきました。

アートメイクを行うにあたっては、痛みなどが気になっているという人も多いようですが、完全に無痛というわけではありません。クリームタイプの塗る麻酔を使うことにより、毛抜きで毛を抜く程度の痛みで施術を進める事が出来ます。

眉の施術時間に関しては、2時間半程度となっていますが、2回目以降は30分程度短く終わります。実際に施術当日は、腫れや炎症を防ぐためにシャワーを浴びる程度がお勧めで、クレンジングなどを使用した洗顔については、施術後四日程度は控える必要があります。

様々な不安や疑問も多いと思いますが、個人で違ってきますので、まずは、一歩踏み出すことにより、自身のある自分に変身する事が出来て、今までの悩みを解消に導く事が出来ると思います。

このブログ記事について

このページは、skinknowledgeが2017年6月 5日 11:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「痛くない脱毛法SHR脱毛!敏感肌の人に耳より情報」です。

次のブログ記事は「幹細胞コスメで行うアンチエイジング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。