ピーリングの最近のブログ記事

sekken.jpgピーリング石鹸ですが、最近では自宅で使うことができるようになっていますが、正しい使い方をしないと肌がボロボロになってしまうこともありますので使い方に注意しましょう。今回正しい使い方を紹介するので参考にしてみてくださいね!

■ピーリング石鹸は毎日使って大丈夫なの?

ピーリングとははがすという意味となっています。ピーリング石鹸は普通の石鹸と違って、皮膚の角質を溶かすピーリング剤が配合されています。ビーリング剤はAHAと言われていて、グリコール酸、乳酸、フルーツ酸など水溶性の酸のことです。AHAで古い角質を落としながら洗顔することができます。古い角質が剥がれることにより、それを補うようにターンオーバーが活発になります。通常の洗顔より表皮が薄くなっているので、古うの洗顔と同じ頻度で使うのはお勧めできません。ピーリング石鹸は、週に2回~3回程度にするようにしましょう。

■ピーリング石鹸を使う頻度

ピーリング石鹸は、肌質や酸の濃度により使用頻度を変える必要がありますが、一般的には、週に2回~3回程度となっています。夜の洗顔に使用するようにしましょう。夜にお勧めする理由ですが、夜の睡眠中に皮膚の新陳代謝が活発になるので、ピーリングでターンオーバーが補われて、皮膚の角化が進んで、肌の奥で細胞分裂が促進されるので、正常な肌を目指すことができる仕組みになっています。逆に朝にピーリング石鹸を使うのはやめるようにしましょう。夜の間に作られた肌を、朝の洗顔で溶かしてしまうと肌にダメージを与えてしまう結果に繋がってしまいます。

■ピーリング石鹸の効果

ピーリング石鹸の良い所は、手軽に自宅でケアすることですが、ピーリングの効果はAHA濃度により違てきます。濃度は肌質や肌の状態で選ぶようにしましょう。AHA濃度が高いとそれだけ効果も高いといえますが、肌に負担がかかってしまうこともありますので、濃度が軽い石鹸から使って行くようにしましょう。

■効果的な使い方

洗顔ネットでよく泡を立てて使うようにしましょう。肌の気になる部分にのせて、優しく泡を転がすような感じで洗っていきます。目や口元など皮膚の薄い部分に使用するのは避けるようにしましょう。泡を乗せた状態で3分程度放置して、刺激を感じてきたら、AHAが皮膚を溶かしている証拠です。重要なポイントは3分以上は放置しないようにする事です。また、綺麗に洗い流して、洗顔はたっぷりと保湿を行うようにしましょう。肌への浸透力を高めるためには、ビタミンCが配合されている化粧水を使うことにより美白効果も期待することが出来ます。

実際に自宅でケアすることができるのは嬉しいですよね。肌の状態をよくすることができるように、寝る前に使って洗顔することが重要なポイントになります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちピーリングカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはセラミドです。

次のカテゴリは保湿です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。